バイトはやることが楽すぎる、もっとためになる仕事がしたいけど忙しいのも嫌

一般的にアルバイトは誰でもできるもの、マニュアルがあって習得さえすれば、よほどのことでない限り、仕事ができるようになり、給料に見合った仕事はそこで達成することができる。逆に言うと、いつでも置き換え可能で、人さえ変えれば誰でも出来て、誰だやっても同じという業務であり、それだけの存在ということも言えます。
では、正社員はそうではないのか。これも職場や会社によっても違います。例えば、アルバイトでも正社員に働いている、居酒屋やカフェ店員、コンビニなども社員と現場では何ひとつ変わらない業務をこなしているのに、バイトは社員より身分が低いし、給料も安い、かつて同一賃金同一労働と社会問題になったこともありますが、どうなんでしょうか。だったら社員になった方がマシ。本当にそうなのでしょうか。

業務内容が同じなら社員とバイトは雇用形態が違うだけなの

自分はコンビニでは発注から他のバイトのシフト管理までして、店長がいない時はまるで店の責任者のような働きをしている。居酒屋では、材料の発注から、メニュー開発、売り上げ計算から、店の開け閉め、これはもう社員並みどころか、新入りの社員より働いているし、これで入ったばっかのバイトと同じ給料なんでおかしすぎる。まあそう思うのも当然でしょう。本当に社員とバイトは全く同じ業務内容なんでしょうか。

社員にはバイトがやってないこともある

社員はまず、月額でいくら働いても同じというのが挙げられます。他にも、自分の用事を優先することができず、業務を優先しないといけないですので、自分のプライベートややりたいことを犠牲にしてまでも、会社に奉仕しないといけないのです。
業務内容も、本社のある会社なら会議にも参加しないといけないですし、打ち合わせ、エリアマネージャーの指導、売り上げ管理、人材募集、近所とのやりとり、他にもあげられないくらいの業務が地味にあります。バイトが見てないところで動いていたりするので、社員は楽にしているようで、仕事をこなしてからバイトに出勤したり、人知れずやることが多岐にわたります。本社からのプレッシャーやアルバイトとの人間関係など、社員も気苦労が絶えないというのが本当のところでしょう。どうですか、皆さん、これを踏まえて社員になりますか?まあいろいろ大変ですが、いいこともあります。