社員よりバイトの方が稼げるって本当なの?会社で噂される真実は?

バイトの方が社員より稼げる、にわかに都市伝説のような話ですが、これも勤務体系によってはそういうこともあります。時間の拘束が長い仕事では、月額の固定制の社員より、時間で縛られたバイトの方が稼げてしまって、給与明細を社員と見せ合ったら一瞬気まずい空気が流れてしまった。そんな人も中にはいるかもしれません。
社員は、月額でいくら働いても同じ。残業代が出る会社もあるかもしれませんが、そのような景気のいい会社も少ないご時世、サービス残業が常態化していくら働いても稼げない。働けど働けど我が暮らし楽にならず、まるでかつての文豪、石川啄木のようなぼやきも出てしまいそうですが、バイトなら働いた分だけ稼げます。では、バイトになった方がいい。こんな会社があるのかもしれません。実際はどうなんでしょうか。

稼げるだけ稼げるバイトという雇用形態の方が割がいい

うちの会社はバイトの方が稼げる、社員は稼げない、こんなことを言っている会社もあるかもしれませんが、捉え方によっては、負け犬の遠吠えかもしれません。俺は正社員になれないから、バイトの方が稼げる、そんな風に自分を納得させるためかもしれません。逆に社員の立場で、バイトの方が稼げると負けを認めるようなことを言う背景としては、謙遜しといて、実はボーナスがある。月額は負けているけど、トータルの年収では勝っているし、月額でも社会保険をきっちり払って僅差くらいなので、実際の手取りでは負けているかもしれませんが、正社員の方が優遇されているのはほとんどのケースで明らかです。会社もこのようなことを言って、バイトのやる気を上げさせる。社員になってしまうと会社として成り立たなくなるので、いつまでもバイトの状態を維持させた方が会社としても都合が良いのです。それをうまいこと利用されて、俺たちの方が社員より稼いでるというのは完全にバカな発想でもあるのです。

派遣のように時間に融通をきかせられるしバイトも同じ

先ほどのようにバイトの不利な点を述べましたが、バイトとして働く利点としては、時間を有効に使う派遣社員のように、働いた分だけ稼ぐことはできる。賞与などはないですが、働いた分だけ稼げるいわば歩合のようなものなので、やる気も出ますし、短い時間だけきっちり自分の仕事をすれば成立するというのも利点としてあります。