面接に行く前に、気をつけておきたいこと

やりたいアルバイトが見つかり応募をしても、必ず避けては通れないものがあります。それは、面接です。最近では、書類選考や面接なしでアルバイトを出来てしまうものもありますが、多くは採用するための面接を受けることになります。この面接を受けた事がなく、知識がない状態で行ってしまうだけで、ネガティブな印象を与えてしまいかねません。面接は相手に良い印象を与えるための大切な第一段階のものなのです。 そこで、今回は、初心者の人でも戸惑うことなく、スムーズに面接に臨むことが出来るべく、面接のコツについて考えていきましょう。

面接で知っておきたい事

アルバイトの面接では、あなたの人となりがどうなっているのかを知るために見るものです。そのため、自分は真面目に働きたい。自分はこういう人間であることを示さなければなりません。付き合っていくうちにそういう人間であると理解されれば良いのですが、面接で誤解のまま採用されないということもあります。誤解される原因を作ってしまうのが、見た目です。そこで、面接の服装から話し方までどのようにした方が良いのかを簡単に見ていきましょう。

見た目は、落ち着きのある印象を

服装で判断される場合もあります。服装で派手なものを着てしまうと相手にマイナスな印象を与えかねません。そこで、一般的に落ち着いたものを着ていくようにしましょう。また、清潔感も大切です。アルバイトによっては、清潔感を大切にすることもあります。そこで、不潔だと感じられないような髪型にする事も大切です。女性であれば、化粧は濃くする必要はありません。落ち着いている印象を相手に与えることができれば、面接を優位に展開することができます。普段そういう服装をしないと思っていても、アルバイトの面接は、普段の自分を見てもらうためのものではありません。そのところを気をつける必要があります。

話し方にも気をつけよう

敬語をマスターしろとまではいきませんが、丁寧な話し方を心がけましょう。相手は社会人なので、丁寧に話したいと考えているかどうかはわかってくれます。自分なりに、誠意をもって伝えるようにすれば、相手にも好印象を与えることができます。さらに、話を聞いている際に、前のめりの姿勢になるなどのことをすれば更にグッドです。

面接の基本だけを考えると、難しい要求はありません。 むしろ、丁寧で真摯な姿勢を相手に見せることができれば、好印象を与えることが出来るのです。

まとめ

面接は、アルバイトをする上では避けては通れないものです。しかし、難しく考える必要はありません。あなたがどうしても働きたいという意思をしっかり見せることができれば、簡単に通過することが出来るからです。このようなポイントを押さえて、面接に臨んでみてはいかがでしょうか。