販売員のアルバイトは人気が高い反面、奥の深い仕事内容でもある

お客様の目的を第一に考える

人気の高いアルバイトの一つに、ショップ店員というものが存在してきます。
ショップ店員というのは流行に敏感でないと働くことが難しいため、ただお客様を接客するだけでは決して勤まるものでもないのです。
そこで大事になってくるのが、お客様に積極的に話しかけるのはもちろんのこと、その商品の魅力もきちんと伝えることができなければなりません。
アパレルや宝飾雑貨など、高単価の商品を扱うショップには最低限のスキルでもあります。
そういったお客様への積極的なアプローチも併せ持たなければならないのです。
そして、来店されるお客様の目的というのも一番に考えなければならないでしょう。
お客様が来店するや否や、いきなり新作の商品の魅力を語られてもお客様は戸惑うばかりです。
お客様は何かしらの目的を持ってそのお店に来ています。
その目的とは関係のない話をずっとされたとなれば、お客様は確実にそのお店での購買意欲というのはなくなるのです。
ですので、ここで大事なのはお客様の目的をきちんと理解し、その目的の商品の魅力をきちんと伝えるということが重要になってくるのです。

欲しいものが決まっていない人も手放さないようにする

お店に訪れるお客様全員が全員、そのお店で何かを買おうと決めて入ってきているわけではありません。
もちろん何かを買うと決めてくるお客様もいますが、ほとんどのお客様はウィンドーショッピングといったただ商品などをチェックしているだけの人もいるのです。
とはいえ、お店の中に入れば買う買わないは別にしてそのお店のお客様となるわけですから、何かしらのお声掛けというのが必要となります。
そこで大事になってくるのが、欲しいものが明確になっているお客様とそうでないお客様で、その対応というものが変わってくるということです。
たとえば、欲しいものが明確になっているお客様に対してはすぐにその商品へのご案内が必要になります。
逆に、明確になっていないお客様に対してはそのお店のオススメできる商品の魅力を伝える作業をしなければなりません。
その魅力の伝え方次第で商品を買ってもらえるかもしれないということなのです。

買わされてしまうと思われるのはNG

お客様の要望に応えるためにはたくさんの商品を紹介しなければなりません。
その商品の中には当然のように気に入ってもらえる商品もあるでしょう。
しかし、その商品が予算を超えてくるケースもあるのですが、その際は瞬時に察知して引くということも重要となってくるのです。
要するに、お客様に「買わされるかもしれない」という気持ちにさせてはならないということです。
その場は予算が合わなくて帰るかもしれませんが、気に入ったものであれば後日に予算の都合をつけて買いにくるかもしれません。
ですが、一度「買わされるかもしれない」と思われれば、そのお店には二度と訪れることはないかもしれないのです。