シフトを組むためのコツ。

アルバイトをする上で、悩んでしまうのが、シフト問題。アルバイトをする上でシフトを組むバイト先は多く存在します。このシフトですが、うまく管理しておかないと、アルバイトに追われる日々になってしまう事もありえます。しかし、シフトで迷惑をかけないからという思いから、あまりシフトの入れないと、働かせてもらえないということもあるのです。このシフトをどのようにすれば良いものになるのでしょうか。 今回は、アルバイトのシフトを組む上で大切なことは何かを考えながら、トラブルを起こさない方法を考えていきましょう。

初心者がやってしまいがちなミス

シフト問題で悩んでしまう人の多くは、初心者というケースが多くみられます。彼らは無謀なシフトを組んだ上で、バイト先に迷惑をかけてしまう傾向にあるのです。そこで、シフトを組むうえで初心者がやってしまうミスとは一体どのようなものなのでしょうか。考えてみましょう。

アルバイト先に同情して、シフトに入る。

自分の意思として、アルバイト先のシフトに積極的に入ることは悪いことではありません。しかし、バイト先から人手不足だから、どうしてもシフトを埋めたいといった事情から仕方なく入るということを続けていると、「この人は、困った時に絶対にシフトに入ってくれる人」と思われます。このように思われることは悪くはないですが、どうしてもシフトに入れないのに、強引に頼んできた結果断れなくなる。ということがあるのです。そのため、同情して入ることをあまりしないようにしましょう。もちろん、本当に困っている時には、シフトに入るという事も大切です。

無理をする

とにかくお金を稼ぎたいという思いから、無理なシフト申請をする人もいます。会社側が止めてくる場合もありますが、そうでない場合もあります。無理をすると、後でこんなシフトを組むのではなかった。また、学校を休んでバイトをするという本末転倒なこともおきかねません。このような事態を防ぐために、無理なシフトを組む事を控えるようにしましょう。シフトは、あくまで自分でスケジュールを立てて組むものです。バイト先に主導を握られないようにしましょう。

解決は、自分のスケジュールを優先する

このようなシフト問題を解決する方法は、簡単です。 それは、自分のスケジュールをとにかく優先することなのです。スケジュールを優先し、尊重することで、良いリズムが生まれてきます。決してバイト先に流されないように心がけましょう。

まとめ

バイトをする上で、シフトを組むことは大切な作業です。しかし、自分のスケジュールをよく考えずになんとなくシフトを組んでしまうと、困ってしまうことも多々有ります。そのような事態を避けるためにも、効率よくトラブルなくシフトを組む心がけをしておきましょう。