まだ日本は遅れてる?バイトのグローバリゼーション

日本と海外の仕事の違いという年功序列と成果主義というのが、単純に分けると捉えることができますよね。日本の終身雇用を中心とした、年をとった人が敬われる、仕事ができようとできまいと関係ない。バイトでもそれを置き換えることができます。在籍年数が多い人が給料が多くて、敬われる。仕事ができてなくても関係ない。まあ最も最近ではリストラがあるように、仕事ができない人は淘汰されて、必然的に仕事ができる人が在籍年数が多いという関係が成り立っています。アメリカ式やヨーロッパ式でいうと、仕事ができる人はどんどん昇給して、仕事ができない人はいつまでたっても同じ給料。仕事以外でも例えば大学でもそうですよね。日本は入るのが難しいけど、アメリカは入るのは簡単だけど出るのが難しい。入り口は自由の国と言われるようにチャンスは与えられていて、そこで何ができるかというのが問題になっています。日本の今のバイト事情はどうなっているのでしょうか。

仕事ができても何年経っても時給は据え置き?

正社員でも何年か経ったら低いなりに多少は給料は上がるものです。しかしながらバイトは時給を上げるのにも限界があるのか、少し上がってもはじめの給料と比べて2倍なんて行くことはまずなく、ある程度、天井が見えたら社員に引き上げるというような作業が発生します。社員にしても、または契約社員という形態にして、いくらはたらいても給料は同じになるので、まあ損しているとも言え、格は上がったけど条件は低いというような事態が発生します。

そもそも時間を切り売りすることで労働の対価を得る

バイトは基本的な考え方として、時間を売って金銭の見返りを得るという考えがあります。その時間は自分の自由なことができない代わりに、その分会社のいうことを聞いて、お金が支払われるということです。なので、いくらその時間を有効的に使って最大限のお金を得たいと思っても、それが叶わなかったりするのが現代のバイト事情であったりします。個人個人でやったもの、成果物が出るわけではなく、チーム単位であったり、作業が終わったりしても、個人でこれだけやりましたという成果を発表することもなく、上司へのアピールも印象度でしかなく、いくら頑張ってもそんなに評価されない、けれどもサボっていたらすぐ判明するということが、ありがちです。