ニュース 「家族以外の人」の言い換えは?. トピックに関する記事 – 他人の別の言い方は?

「家族以外の人」の言い換えは?
次の語句の同義語:他人 – 日本語

  • 知らない人
  • 見知らぬ人
  • 人々
  • 相手
  • 彼ら

他人/第三者 の使い分け

「他人」は、自分以外の人間をいう。 また、自分の仲間ではなく、その事柄に関係していないので、利害を共にする必要のない人の意で使う。 「第三者」は、自分を含めた当事者以外の人間をいう。 その事柄に関係していないので、公平な立場で物事の判断ができる人という意味合いを含めて使うことが多い。しんせきちき【親戚知己】

親族と知人のこと。 親類、一族に加えて、友人や知り合いなど。 「親戚」は、親や身内、血縁や婚姻によってつながっている人。

「他者」の言い換えは?次の語句の同義語:他者 – 日本語

  • 他の人たち
  • 人々
  • 仲間
  • 相手

「他の人」とはどういう意味ですか?

〘名〙 その人とは別の人。 ほかの人。 他人。 余人。他人との関係。 個人と個人との結びつきからみた人間関係。

自分以外の人の事を何というか?

た‐しゃ【他者】 1 自分以外のほかのもの。 他人。

人柄 の類語

  • 性質
  • 人品
  • 性格
  • 品性
  • 個性
  • 人格

友達の丁寧な言い方は?

「友人」は、「友だち」の改まった言い方。 「友」は、文章語。 また、「風月を友とする」のように、自分が特に親しみを感じるものを意味することもある。親友 の類語

  • 相棒
  • 茶飲み友達
  • 茶飲友達
  • 仲間
  • 茶飲み友だち
  • 茶飲み仲間
  • 仲よし
  • 茶飲仲間

1 自分以外のほかのもの。 他人。 2 哲学で、あるものに対する他のもの(他のあるもの)。 自己に対してある何かあるもの。

まず「常用漢字表」では、「他人」を「ひと」とは読みません。 しかしNHK放送用語委員会では「他人事」の読み方を「ひとごと」と定めており、「たにんごと」とは読まないことになっています。 そのため、テレビやラジオでは「たにんごと」とは言いません。

他人と書いてなんと読む?意味・読み方・使い方

「他人」の例文は?た‐にん【他人】

  • 1 自分以外の人。 ほかの人。「 他人 まかせの態度」「 他人 のことはわからない」
  • 2 血のつながりのない人。 親族でない人。「 赤の 他人 」「遠くの親類より近くの 他人 」
  • 3 その事柄に関係のない人。 第三者。「 内部の問題に 他人 を巻き込む」「 他人 の出る幕ではない」

「他人扱い」とはどういう意味ですか?

[名](スル)親族や親しい人を、他人のようによそよそしくあつかうこと。

の解説 [形動]個人にかかわっているさま。 おおやけでないさま。あだ‐びと【▽他人】

ほかの人。 別の人。むしろ、ほめられるべき態度や性格と多くのつながりをもっています。

  1. 1 大人 おとな しい
  2. 2 穏 おだ やか
  3. 3温和・穏和(おんわ・おんか)
  4. 4 控 ひか え 目 め
  5. 5 遠慮深 えんりょぶか い
  6. 6 慎 つつし み 深 ぶか い
  7. 7 奥床 おくゆか しい
  8. 8 落着 おちつき ・ 落付 おちつき