ニュース クレーム費用の仕訳は?. トピックに関する記事 – クレーム処理代はいくらくらいですか?

クレーム費用の仕訳は?
ケース別に見るクレーム対応の費用相場

ケース 一般的な相場
クレームの一次対応を依頼する場合 月額2万円~5万円
クレームの一次対応+会話の録音を依頼する場合 月額3万円~7万円
クレーム対応とあわせて対面での謝罪を依頼する場合 10万円~15万円

お客様や取引先へのご挨拶に持参する菓子折りは「接待交際費」として計上します。商品や役務の提供の対価である場合

お詫びの菓子折り等を持参する場合のお詫びの品の購入費用や、商品の修理費用をこちら側で負担する場合のクレーム対応費は、商品や役務の提供の対価となるため課税仕入れに該当します。

返金があった場合の仕訳は?自社から取引先などに返金をした場合は、誤った金額を「売掛金」や「前受金」「預り金」などとして、返金する金額を「現金預金」にする。 一方、取引先などから返金を受けた場合は、誤った金額を「買掛金」や「前渡金」「未収入金」として、返金された金額は「現金預金」で計上する。

クレーム費用はどの科目に計上するのでしょうか?

お詫び金の費用計上も忘れずに

お詫びのお金を用意した場合は、経理処理が必要です。 業務に起因したお詫びであれば、「費用」として計上することが可能です。 その際の勘定科目は「営業外費用」「クレーム費用」「特別損失」「雑損失」などが考えられます。クレーム対応の基本的な流れ

  1. すぐ謝罪する
  2. お客様の話をよく聞く
  3. その場で対応できる内容なら、対応する
  4. その場で対応できないなら、上司へ報告する
  5. 最後に再度謝罪とお礼を伝える
  6. 言い訳や責任回避に聞こえる発言
  7. お客様の話を遮る
  8. お客様の間違いを指摘する

菓子折りは何費に計上する?

取引先に対して持参する菓子折りなどの手土産については、厳密に言えば取引先との交際や接待を目的としているため、「接待交際費」として仕訳をするのが正しいはずです。

手土産代の仕訳に使う勘定科目は? 手土産代は、「交際費」「会議費」「広告宣伝費」「福利厚生費」のいずれかの勘定科目を使います。

クレーム対応費は消費税の対象ですか?

不当要求・クレーム対応に関する費用

得られた経済的利益の額(主に相手方の請求を退けた額)に応じて、4%から16%(別途消費税)を段階的に適用します。返金分を分けて処理したいときは、「売上戻り」の勘定科目を使います。 ただし、「売上戻り」は決算書には表示しない科目なので、決算時に売上と相殺しなければなりません。「組戻し」は、金融機関に資金を返してもらうように求める手続きですが、一度振り込まれてしまったお金は、金融機関側が勝手に取り戻すことができず手続きが必要です。 金融機関が振込先の口座名義人に連絡を取り、了承を得ることができた場合に、返金される仕組みです。

損害賠償金には対価性がないため、原則として消費税の対象外です。 また、損害賠償金を受け取った場合でも消費税が発生する売上にはならず、消費税は発生しません。 消費税が発生しない理由は、損害賠償金はあくまでも損害を補填するもので、資産の譲渡等による対価ではないからです。

クレーム対応でNGな行為は?クレーム対応をする際「これはNG」という行為を教えてください。

  • 謝罪しない
  • ひたすら謝るだけ
  • 相手に誠意が伝わらない声
  • 話を最後まで聞かずに反論する
  • 相手に対して否定的な言葉を使う
  • 相手を待たせる
  • 同じ内容を繰り返させる
  • 過度な要求に応える

クレーム対応でやってはいけないことは?クレーム対応のNG行動

  • お客様の言動を否定する 相手の主張が理解できなくても、発した言葉に対して、すぐに否定するのはよくありません。
  • お客様の話を途中で遮る
  • お客様を待たせる
  • まずは謝罪から入る
  • 事実確認する
  • 憶測で話さないようにする
  • お客様に共感する
  • 解決策を提案する

クレームのお詫び金の勘定科目は?

お詫び金の費用計上も忘れずに

その際の勘定科目は「営業外費用」「クレーム費用」「特別損失」「雑損失」などが考えられます。 お詫び金が発生するたびに勘定科目を確認する手間を省くため、あらかじめ状況を想定して、計上ルールを決めておくとよいでしょう。

例えば、資本金1億円未満の中小企業は、800万円が上限です。 一方、個人事業主の場合は、必要な経費である贈答品は上限なしで計上することができます。 また、一件あたりの贈答品の上限は決められていません。 しかし、相場は1万円程度、高額の贈答品でも50,000円程度とするのが一般的です。通常、お土産代というと接待交際費に該当しますが、会議に合わせて飲み物やお菓子を用意する場合もあります。 したがって、取引先との会議にお茶菓子などの手土産を準備した場合は、会議費として処理します。 ただし、高額なものや実態が単なる贈答品の場合は、接待交際費に該当しますので注意しましょう。消費税の課税の対象となる取引は、①国内において②事業者が事業として③対価を得て行う④資産の譲渡や貸付け、役務の提供という4つの要件を満たしている取引です。 ですから、海外旅行中は日本の消費税は課税されませんし、サラリーマンの給与も「事業者が事業として得たもの」ではないで、課税対象外となっています。