ニュース ピンクゴールドが似合う年齢は?. トピックに関する記事 – ピンクゴールドのアクセサリーは誰に似合う?

ピンクゴールドが似合う年齢は?
ピンクゴールドは、基本的にイエロー寄りの色なので、イエローベースの人によく似合います。 特に華やかで温かみのある雰囲気を持っている方に似合うでしょう。 「パーソナルカラーはイエローベースだけどゴールドは好みじゃない」という方は、ピンクゴールドを選ぶことをおすすめします。ピンクゴールドが似合うのは「ブルーベース」

ピンクゴールドが似合う人は、肌が夏タイプと冬タイプのブルーベースの人といわれています。 これは、ピンクゴールドがブルーベースの肌に透明感を与えるためです。 春タイプと秋タイプは、銅含有量の多い濃いピンクゴールドを身に付けることで、明るい印象になります。ピンクゴールドはどちらにも似合う万能カラー

やわらかな色合いが魅力のピンクゴールドは、ブルーベースの肌にも、イエローベースの肌にもよく似合います。 ブルーベースの肌には血色感を与えてくれ、イエローベースの肌には自然になじんでくれる万能カラーです。

ピンクゴールドのデメリットは?ピンクゴールドのデメリットや注意点

ピンクゴールドは硬度が高く変形しづらい反面、柔軟性が低く割れやすいので、強い衝撃を加えないように注意が必要です。 また銅は酸化に弱く変色しやすいので、水仕事などの際には外し、こまめに拭くなどのお手入れも欠かせません。

ピンクゴールドが似合う 何べ?

ピンクゴールドは金に銅を混ぜて作った赤みがかったゴールドです。 実はイエローベースにもブルーベースにもお似合いになる万能の色! ブルーベースの方が着けると肌に馴染んでくれます。 日本人の肌にはピンクゴールドが一番似合うと言われています。日常生活では、特に汗や皮脂・化粧品などに反応して変色が起きる可能性があります。 これは、ピンクゴールドに含まれる銅や銀の性質によるもの。 銅や銀は酸に弱く、油分や酸素などに触れると化学反応を起こして茶色く変色してしまいます。 温泉など硫黄成分が多い場所での着用は避けたほうが良いでしょう。

ブルベはピンクゴールドが似合う?

ピンクゴールドは金に銅を混ぜて作った赤みがかったゴールドです。 実はイエローベースにもブルーベースにもお似合いになる万能の色! ブルーベースの方が着けると肌に馴染んでくれます。 日本人の肌にはピンクゴールドが一番似合うと言われています。

肌の色がイエローベースの人

イエベの人は、シルバーより温かみのあるゴールドカラーが似合うとされています。 ただしパーソナルカラーは厳密に分けられないことも多く、一概にブルベだからゴールドが似合わないわけではありません。 色味を選べば、ブルベの人でもゴールドアクセサリーを楽しめますよ。

ピンクゴールドが似合う人のパーソナルカラーは?

肌の色によって似合うゴールドの色みが異なる

さらに詳しく見ていくと、イエローゴールドはオークル系の肌色の人(パーソナルカラーがスプリングまたはオータムでイエローベース)に、ピンクゴールドは透明感のある肌色で血管が青、赤、紫色に見える人(パーソナルカラーがサマーまたはウインターでブルーベース)におすすめです。ピンクゴールド指輪は金に銅を混ぜることにより、温かみのある色合いを演出します。 また、硬度が高く傷がつきにくいのも魅力的です。 一方で、純金に比べると変色しやすいことや、人によっては金属アレルギーが起こる可能性、硬度が高いことによりサイズの再調整が難しいことが注意点として挙げられます。イエベの人に似合うアクセサリーの選び方

イエローベースの人は、黄みを帯びた温かみのある色が得意です。 オススメは、イエローゴールドやピンクゴールドといったゴールド系 。イエローベースの人の肌を、イキイキと健康的に見せてくれます。 18K加工の光沢がイエベタイプの肌にきれいに馴染み、ラグジュアリーな印象をプラス。

ピンクゴールドが映えるのは何タイプ?

相性の良い色 相性の良い金属
秋タイプ(イエローベース) 黄みの強いマッドな色 ゴールド、イエローゴールド、レッドゴールド
冬タイプ(ブルーベース) 青みが強い色 ピンクゴールド、ホワイトゴールド、グリーンゴールド、シルバー、プラチナ

ブルベに似合わない色だとどうなる?青み系と反対色である暖色は、ブルベ夏さんの肌に浮いてしまいがち。 また、淡い色やくすみ系が得意な分、原色が苦手です。 黄色、オレンジ、キャメル、ゴールド、ダークブルー、カーキは避けた方が無難です。

ブルベとイエベではどちらがゴールドが似合う?肌の色がイエローベースの人

イエベの人は、シルバーより温かみのあるゴールドカラーが似合うとされています。 ただしパーソナルカラーは厳密に分けられないことも多く、一概にブルベだからゴールドが似合わないわけではありません。 色味を選べば、ブルベの人でもゴールドアクセサリーを楽しめますよ。

イエベの人はシルバーとゴールドどっちが似合う?

シルバーとゴールドのどちらが似合うのか、という疑問の答えは、「肌の色によって異なる」です。 一般的に、シルバーが似合うのは「ブルーベース」、ゴールドが似合うのは「イエローベース」の肌だといわれています。

イエベ秋の人は温かみのあるマットなゴールド系のアクセサリーがおすすめです。 少しくすんだゴールドカラーで、大人っぽい雰囲気のデザインがぴったり。 ゴールド系でも黄味が強めの「イエローゴールド」を選ぶことで、血色がよく見えます。 また、アクセサリーの石も、基本的にイエロー系がおすすめです。ピンクゴールドは、カラーゴールドの中では錆びやすい素材とされます。日本人は肌が黄みがかっているため、イエローベースの方が多いといわれています。 しかし、実際にプロとして働いている方の中には、「ブルーベースの方の方が多い」という意見も多々あります。 そのため、勝手に自身がイエローベースの「スプリング」や「オータム」タイプだと勘違いしている方はとても多いです。