ニュース ミッドレートとは何ですか?. トピックに関する記事 – MIDレートとは何ですか?

ミッドレートとは何ですか?
銀行間取引市場で資金の出し手あるいは外国為替の売り手が呈示するレートをオファードレート、逆に資金の取り手あるいは外国為替の買い手の呈示するレートをビッドレートといいます。 オファードレートとビッドレートの中間値をミッドレートといいます。ミッドマーケットレートとは売り相場と買い相場の中間に値する為替レートで、スプレッドが0、かつ手数料のごまかしもない唯一のレートです。TTM(てぃーてぃーえむ)

英語表記「Telegraphic Transfer Middle Rate」の略で「仲値」のこと。 金融機関が顧客と外国為替取引を行う際の当日受け渡し用の基準レートで、TTSとTTBの平均値です。

TTMとTTBの違いは何ですか?TTBは、金融機関が顧客から外貨を買い取る時のレートです。 「Telegraphic Transfer Buying rate」の略でTTMから為替手数料を差し引いた金額がTTBになります。 例えば、TTMが1米ドル110円、米ドルから円への為替手数料が1円だった場合、TTBは1米ドル109円となります。

為替レートは別名何といいますか?

外国為替相場は為替レートの別名でありそれには銀行間相場と対顧客相場の2 つがあります。 銀行間相場はインターバンクレートともよばれ銀行間の取引に よる外国貨幣の需給からきまります。 銀行はインターバンク相場で外国為替を取引して顧客と売買します。前述の通り、為替レートは通貨の需要と供給のバランスで変動します。 例えば、円と米ドルの取引で1ドル=110円だった為替レートが、円がたくさん買われることで1ドル=100円になれば「円高ドル安」に、米ドルがたくさん買われて1ドル=120円になれば「円安ドル高」になる、といった感じです。

為替レートが上昇するとどうなる?

為替相場の変動がもたらす影響

円高のメリットは、円の購買力を国際的に引き上げるとともに、輸入品を通じて国内物価を引き下げる効果が期待できます。 また、外国製品が安く買え、海外の投資資金が流入し債券や株式の価格を押し上げます。 円高のデメリットは、日本からの輸出製品が値上がりし、日本製品の国際競争力が低下します。

リアルタイム為替レート

通貨(通貨単位) 為替レート(円)
外貨→円貨(TTB) 円貨→外貨(TTS)
米ドル(1 USD) 151.18 152.18
ユーロ(1 EUR) 163.39 164.79
英ポンド(1 GBP) 188.88 192.88

TTMの計算方法は?

ちなみに、TTMのMとは「Midle」のことなので、TTSとTTBの真ん中という意味です。 ついでに余談ですが、TTMの求め方はTTSとTTBの金額を足して、それを2で割るとTTMが計算されます。 上記の例ですと、(112.47+110.47)÷2=111.47ということですね! 為替レートはこちらで確認しましょう。仲値とは、金融機関が外国為替取引をする際の基準となるレートのことです。 TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)ともいい、金融機関が毎朝9時55分の為替レートを参考に決定します。TTSとTTB. 外貨預金で適用される為替相場には、主に円貨から外貨預金に預け入れる際の為替レート(TTS)と外貨預金から円貨で引き出す際の為替レート(TTB)の2種類があります。

常に同時に2つの価格があるのです。 この2つのレートの差が「スプレッド」です。 これは円から米ドルやポンドなどの外貨に換える(円を売る)際、そして外貨から円に戻す(円を買う)際の「売値(Bid)」と「買値(Ask)」の価格差を指しています。

1為替レートはいくらですか?リアルタイム為替レート

通貨(通貨単位) 為替レート(円)
外貨→円貨(TTB) 円貨→外貨(TTS)
米ドル(1 USD) 148.64 149.64
ユーロ(1 EUR) 161.45 162.85
英ポンド(1 GBP) 187.86 191.86

為替レートが円高になるとどうなる?為替相場の変動がもたらす影響

円高のメリットは、円の購買力を国際的に引き上げるとともに、輸入品を通じて国内物価を引き下げる効果が期待できます。 また、外国製品が安く買え、海外の投資資金が流入し債券や株式の価格を押し上げます。 円高のデメリットは、日本からの輸出製品が値上がりし、日本製品の国際競争力が低下します。

為替レートが円高になるのはなぜ?

輸出と輸入例えば、日本から何かを輸出した際、代金はドルで受け取ることがあります。 その受け取ったドルを日本円にするためにドルを売り、日本円を買うため、結果として日本円の需要が高まります。 これが円高の要因となります。 なお、円安の場合は逆の現象が起きます。

円高・円安とは、為替差損・為替差益とは

例えば「1ドル=100円」が「1ドル=110円」となることを「円安・ドル高」といいます。 1ドルが100円であれば買えたのに、110円必要になるということは、円の価値が下がったことになるためです。円高のメリット・デメリット

円高のデメリットは、輸出企業が海外で稼いだ外貨を円に転換すると目減りしてしまう点にあります。 目減りした分を製品価格に上乗せすると日本の製品が海外で売れにくくなり、企業の業績にも影響が出るでしょう。リアルタイム為替レート

通貨(通貨単位) 為替レート(円)
外貨→円貨(TTB) 円貨→外貨(TTS)
米ドル(1 USD) 150.23 151.23
ユーロ(1 EUR) 164.10 165.50
英ポンド(1 GBP) 190.85 194.85