ニュース 皮下点滴の部位はどこですか?. トピックに関する記事 – 皮下点滴はどこに刺しますか?

皮下点滴の部位はどこですか?
皮下注射の穿刺部位は、安全性や痛みへの配慮から、皮膚の近くに骨がなく、神経や血管が少ない部位が適しています。 例えば、腹部や上腕伸側(上腕の後ろ側、肩先と肘先の間を3等分したときの下から1/3の部位)や大腿前外側中央部(股下から膝までの3等分の中央部分)などが挙げられます。皮下点滴とは持続皮下輸液、持続皮下注射とも言われています。 在宅の現場では血管の確保が難しい場合や終末期の緩和ケアを目的として行われています。 場所は皮下組織の厚い部位に穿刺にすることが多いですが、具体的には胸部や腹部、大腿部、上腕外側などが挙げられます。皮下注射は、神経や血管が少なく、近くに骨がないところなら、どこでも行うことができるが、通常は上腕伸側と大腿全面に行う。

皮下注射と点滴ではどちらが腫れるのか?皮下輸液は皮下に補液をしている状態なので、局所が点滴漏れのように腫れることがあり、そこから徐々に身体に吸収されていきます。 たとえば500mlの補液を1時間で投与するのと、24時間かけて投与するのとでは、当然皮下に溜まる量は異なります。 1時間で投与した方が、腫れたように見えることもあると思います。

皮下注射はつまむのですか?

皮下注射に適している部位は、皮下脂肪の厚みがあって柔らかく、関節や神経、血管、骨など から離れているところです。 ①皮膚を優しく持ち上げるようにつまみます。 ②皮膚をつまむことで、皮下組織のスペースが 広がります。 強くつまみすぎると筋肉の組織 まで持ち上げてしまう可能性があるので、強 くつまむのは避けてください。皮下点滴は皮下組織に針を刺し行うもので、仮に針が抜けても服が血まみれになったり点滴部分の内出血も起こしません。 手足が自由に動かせ、イスでもベッドでも姿勢は自由。 そして何より痛みが少なくゆっくり吸収していくので高齢者の循環にやさしい点滴方法と言われています。

皮下注射は浅いとどうなりますか?

深層の神経や血管を損傷しないためにも、浅い刺入角度で行うようにします。 逆に10度より浅い刺入角度にすると皮下に達することができず、皮内注射になってしまう可能性があります。

注射部位をつまむ必要はありません。

また、皮膚をつまむとき、5本の指すべてでつまむと皮下組織とともに筋肉を挙上させてしまい筋肉内注射に繋がる可能性がありますが、2または3本の指で軽くつまむとそのリスクは少ないとされています5)。

皮下注射を痛くなくするコツは?

①冷やす : 注射する部位を保冷剤などで冷やしておくと、 痛みを感じにくくなります。 ②押さえる: 注射する部位を圧迫しておくと、痛みを感じ にくくなります。 ③母乳や甘いものを飲ませる : 子どもに母乳や甘いものを 飲ませておくと、痛みを感じにくくなります。皮下点滴は静脈点滴と比較し血流感染も少なく、針も概ね1週間毎を目安に交換すれば良い(オピオイドであれば入浴前にレスキューしてから抜去し、入浴後に再留置すれば良い)。皮下点滴の対象となるのは、血管が細い・もろいなどの理由で静脈注射が難しい方、自己抜去を度々してしまう方などです。 特に在宅で治療中の場合、静脈点滴を自己抜去してしまうと近くに看護師が常駐しているわけではないので、危険な状態になってしまう可能性があります。

・点滴の速度は腫れ具合によって変わるのであまり神経質になる必要はありませんが、500mlを5~10時間で入れることを目安にします。 ・点滴が落ちなくなった場合には、腫れた皮下組織をマッサージすると落ちるようになることもあります。

皮下点滴のメリット・デメリットは?皮下点滴のメリットは、血管を確保しなくても薬液を注入できる、万が一自己抜去しても出血がほとんどなく危険が少ない、静脈栄養と比較すると感染が少ないなどが挙げられます。 デメリットとしては、質問に出てきた看護師が話したように、皮下点滴中は鈍痛が起こることが多い点です。

皮下点滴のメリットは?皮下点滴のメリットは、血管を確保しなくても薬液を注入できる、万が一自己抜去しても出血がほとんどなく危険が少ない、静脈栄養と比較すると感染が少ないなどが挙げられます。

皮下点滴はどれくらいの時間で吸収されますか?

メリットとして、皮下輸液は静脈点滴とは違い10分程度で行うことができるため、日帰り通院が可能になります。 皮下輸液をしたあとはラクダのコブみたいな形になるのが特徴的です。 このコブは12時間〜24時間程度の時間をかけゆっくりと体に吸収されます。

デメリットとしては、質問に出てきた看護師が話したように、皮下点滴中は鈍痛が起こることが多い点です。 中にはそれほど痛さを感じない患者さんもいますが、それでも静脈点滴よりは痛みが持続しやすい傾向にあります。 また、静脈ルートに比べると吸収が緩やかなため、急性期の治療には向いていません。・点滴の速度は腫れ具合によって変わるのであまり神経質になる必要はありませんが、500mlを5~10時間で入れることを目安にします。 ・点滴が落ちなくなった場合には、腫れた皮下組織をマッサージすると落ちるようになることもあります。