ニュース 金のなる木は挿し木できますか?. トピックに関する記事 – 金のなる木の挿し木方法は?

金のなる木は挿し木できますか?
金のなる木の葉挿しに適した時期も、5~10月の成長期です。 葉挿しの場合は、大きめの葉を根元から摘み取り、日陰で切り口を2〜3日ほど乾燥させておきます。 しっかり乾燥したら、葉の切り口を土に挿して、1ヶ月ほど水を与えずに様子を見ます。挿し木で増やす方法

  • 葉がついたままの5~20cmほどの枝を用意する
  • 枝の切り口が濡れていないようにしっかりと日陰で乾燥させる
  • 下の方についている葉を切り落とす
  • 切り落とした枝が濡れていないことを確認したのちに土に挿す
  • 水を与えずに1ヵ月ほど様子をみて、根が出たら鉢などに植え替える

金のなる木の育て方・栽培のポイント

大きくなり過ぎた株は4~10月に好みの位置で切り戻します。 切り取った枝は、風通しの良い日陰で乾燥させて、挿し穂として使えます。

挿し木をするときはどこを切ればいいですか?挿し穂は挿す枝のことで、よい枝を採取するのがポイント。 よく日に当たって育った勢いのある株から、太くて充実した若い枝を選んで切りとると、最適の挿し穂が得られます。 切り取った枝は、発根しやすい長さに切り揃えます。

挿し木をするにはどうすればいいですか?

挿し木する手順

  1. 増やしたい植物の枝や茎を10~15cmほどカットする
  2. 挿し穂の葉を2~3枚残し、下葉を取り除く
  3. 挿し穂の切り口をカッターで斜めに切り直し、切り口を1~2時間ほど水に浸けて吸水させる
  4. 切り口に発芽促進剤を塗る
  5. 育苗ポットに用土を9割ほど入れて、割りばしで用土に穴を開ける
  6. 穴に挿し穂をしっかり挿す

残念ながら、金のなる木は一度ふにゃふにゃになってしまった部分は元には戻りません。 ただし、まだ元気な部分がある場合は、葉挿しなどで復活させることができます。 葉や幹を触ってみて、まだ硬い部分が残っていれば復活可能です。 全体的に枯れてしまった場合は、残念ながら復活する可能性は少ないでしょう。

金のなる木の花を咲かせるコツは?

花を咲かせるコツは、一年を通して日照時間の確保と夏場の水やりを控えめにします。 こうすると、葉がしわしわになってますが、花芽に栄養を回し、開花に備えることが出来るのです。 水を与えすぎると、葉がぷりぷりとみずみずしくなるのですが、葉ばかりが成長しまうのです。 金のなる木は、鉢一杯に根を広げます。

一般的には、芽が動いていない時期(3から4月)や新芽が固まった時期(6から7月、9から10月)が挿し木可能時期です(春挿しは前年枝、秋挿しは当年枝を用います)。

挿し木をしてから何日で根が出る?

根が出るまで水をきらさないこと、蒸れさせないことが大切。 直射日光は強すぎるので、風通しのよい日陰で管理します。 根が出るまでは2週間くらいかかります。挿し木は、発根するまでの間でいかに植物中の水分を減らないようにするかがポイントです。 気温が高いと発根が早いですが乾燥も早くなります。 かといって気温が低いと発根が進まずその間に枯れてしまいます。 気温がある程度高く、湿度を上げたり葉水をすることで乾燥を防ぐことで発根までの時間をかせぐイメージです。日照不足が原因の場合

日照不足が原因で金のなる木の葉が落ちる場合、より日当たりの良い場所に移動させるか、植物用LEDを使用して光を補ってやるといいです。 金のなる木のベストな日照量は、「真夏の直射日光を避けた窓ガラス越しの日光」です。 耐陰性は低いので室内の日陰だと枯れることがあるので気をつけましょう。

金のなる木の挿し木後の管理方法

金のなる木を挿し木した後は、風通しの良い半日陰の場所で管理しましょう。 挿し木後の水やりはほぼ必要ありません。

金のなる木の花が咲かない原因は何ですか?樹高が30cmを超えてくると冬〜早春にかけて花を咲かせ始めます。 株が生長しても花が咲かない場合は、日照不足や水のやりすぎで株が弱っていることが考えられます。

挿し木の太さはどれくらいがいいですか?長さは5~10センチ程度、枝の太さは2~5ミリはあったほうがよいでしょう。 もう少し大きめの枝を挿し木にすることもできますが、細めの枝のほうが根が出やすい傾向にあります。

キンモクセイは挿し木できますか?

キンモクセイ(金木犀)の挿し木時期

キンモクセイ(金木犀)の挿し木に適した時期は7〜9月です。 ただし、花が咲くまでには5~7年かかるといわれているため、じっくり気長に育てたい方におすすめです。 また、挿し木の成功率が高い方ではないため、発根率を上げるよう光を通すガーデニング用のビニールシートが必要になります。

①直射日光には当てない。 【日向と日陰の水分蒸散量は大きく異なり、日向の蒸散量は日陰の4~20倍となる。】挿し木に使う用土の条件としては、挿し穂が 発根するまで活力を失わせないために水分を充 分に供給できること(保水性)と、根を分化さ せるために酸素を充分に供給できること(通気・ 排水性)が必要です。 また、挿し穂の腐敗など を防ぐため、有機質や肥料分を含まない清潔な 土が適しています。金のなる木の増やし方には「葉挿し」もあります

葉挿しをするときは、葉の根元が潰れていないキレイで大きな個体を選び、2日ほど日陰で乾かしてから、葉を並べます。 あまり日当たりの良いところに置くと、葉が乾燥しすぎてしまうので、室内で試みてください。