ニュース 鉄がつく四文字熟語は?. トピックに関する記事 – 鉄のつく四文字熟語は?

鉄がつく四文字熟語は?
四字熟語(4)

  • てっけんせいさい【鉄拳制裁】 相手をげんこつでなぐってこらしめること。
  • てっしんせきちょう【鉄心石腸】 意志が鉄や石のように堅くて、容易には動かせないこと。
  • てっちゅうのそうそう【鉄中錚錚】 凡人の中でもいくらか他よりはすぐれている人のたとえ。
  • てつじゅかいか【鉄樹開花】

鉄で終わる言葉 1ページ目

  • あいづ‐の‐こてつ【会津小鉄】 [1845〜1885]江戸末期の侠客(きょうかく)。
  • あか‐てつ【赤鉄】 アカテツ科の常緑高木。
  • い‐てつ【鋳鉄】
  • いなば‐いってつ【稲葉一鉄】
  • いん‐てつ【隕鉄】
  • うら‐がね【裏金】
  • えいだん‐ちかてつ【営団地下鉄】
  • えんか‐てつ【塩化鉄】

た行 ー て

  • ①てつ。 金属元素の一つ。 くろがね。「 鉄鉱」「鋼鉄」 ②刃物。
  • 屑鉄(くずテツ)・撃鉄(ゲキテツ)・鋼鉄(コウテツ)・砂鉄(サテツ)・寸鉄(スンテツ)・製鉄(セイテツ)・銑鉄(センテツ)・鍛鉄(タンテツ)
  • 出典『角川新字源 改訂新版』(KADOKAWA) 旧字は、形声。 金と、音符 (テツ)とから成る。

鉄道に関する四字熟語は?鉄道(てつどう) の慣用句・熟語

  • てつどういん【鉄道院】
  • てつどうえいぎょうほう【鉄道営業法】
  • てつどうかんりきょく【鉄道管理局】
  • てつどうきょう【鉄道橋】
  • てつどうぐさ【鉄道草】
  • てつどうけいさつ【鉄道警察】
  • てつどうこうあんしょくいん【鉄道公安職員】
  • てつどうこうがく【鉄道工学】

金と鉄を使った四字熟語は?

きんじょう-てっぺき【金城鉄壁】

非常に守りの堅いことのたとえ。 また、非常に堅固で、付け込むすきがないことのたとえ。 金や鉄のようにきわめて堅固な城壁の意から。ひゃくれん-せいこう【百錬成鋼】

▽「百錬」は何度も鍛える、鍛えに鍛えること。 「成鋼」は鋼はがねになる意。 鋼は錬成に錬成してやっとできるものだという意から。 「百錬ひゃくれん鋼こうを成なす」と訓読する。

四字熟語で「鉄の硯」とは何ですか?

ません-てっけん【磨穿鉄硯】

強い意志をもち続け、物事を達成するまで変えないこと。 また、学問にたゆまず励むたとえ。 鉄でできている硯すずりをすり減らして、穴をあけるほど勉強するという意から。

とざん‐てつどう〔‐テツダウ〕【登山鉄道】

山のふもとから、中腹や頂上まで通じる登山用の鉄道。

鋼鉄とは何ですか?

名詞 (合金) 鍛えて強くした鉄。 鋼、はがねと同義。硯で終わる言葉 1ページ目

  • いた‐すずり【板硯】 蒔絵(まきえ)などを施した板に料紙を挟み、上に硯をのせ、ひもで結んだもの。
  • かけ‐すずり【懸け硯/掛け硯】 掛け子のある硯箱。
  • かさね‐すずり【重ね硯】
  • かわら‐すずり【瓦硯】
  • が‐けん【瓦硯】
  • きゅうじゅう‐けん【歙州硯】
  • けん【硯】
  • こ‐けん【古硯】

大きな器(うつわ)は、出来あがるのが遅い。 転じて、大人物は若い時には目立たず、人より遅れて大成する、という意味に使われる。

電車で終わる言葉 1ページ目

  • あお‐でんしゃ【青電車】 終電車の一つ前に運行する路面電車。
  • あか‐でんしゃ【赤電車】
  • おざしき‐れっしゃ【御座敷列車】
  • かいそく‐でんしゃ【快速電車】
  • がいてつ‐でんしゃ【街鉄電車】
  • きかんかへん‐でんしゃ【軌間可変電車】
  • けいかい‐でんしゃ【軽快電車】
  • こうがい‐でんしゃ【郊外電車】

「鋼」の別の言い方は?百科事典マイペディア 「鋼」の意味・わかりやすい解説

〈こう〉とも読み,鋼鉄,スチールともいう。

「鋼」の他の言い方は?鋼の類語・言い換え・同義語

  • 鋼材
  • スティール
  • 鉄鋼
  • スティル
  • 鋼鉄
  • スチール
  • スチル

硯を使った四文字熟語は?

ません-てっけん【磨穿鉄硯】

強い意志をもち続け、物事を達成するまで変えないこと。 また、学問にたゆまず励むたとえ。 鉄でできている硯すずりをすり減らして、穴をあけるほど勉強するという意から。

キーワード「努力」の四字熟語

  • あくせんくとう【悪戦苦闘】 非常な困難の中で、苦しみながら一心に努力をすること。
  • いちねんつうてん【一念通天】
  • いちりゅうまんばい【一粒万倍】
  • いっきのこう【一簣之功】
  • えんぼくのけいちん【円木警枕】
  • きょくめんだかい【局面打開】
  • きんけんりっこう【勤倹力行】
  • くがくりっこう【苦学力行】

「大器晩成」と言われて何もしない人は年齢を重ねても何もない。 大器晩成と言われたら、今から耕し種をまき、木を育て花を咲かせて、実らせるまでに時間が掛かるタイプのこと。 何を積み重ねたのかが重要で、大器晩成とは、時をただ待つ意味ではない。「大器晩成」の類義語としては、次の3つの表現をご紹介します。 「大才晩成(たいさいばんせい)」「大本晩成(たいほんばんせい)」は、優秀な人は年を取ってからその頭角を現すことを表します。 また「遅咲き」は成功するまでに時間がかかることを表しています。